老人性イボは女性の内の60代以上だと8割、80代以上だとほとんどができていると言われています。

最近では若い女性にもできている方が増えています。症状は人によって様々で、かゆみを伴う場合もあります。

老人性イボとかゆみ、どちらも女性にとってとても悩めるものですよね。

その対策方法としてはどの様なものがあるのでしょうか。気になるその対策方法についてまとめました。

老人性イボの種類

老人性イボは顔や首から胸元や腕など全身にできるものです。

初めは1.2ミリの小さなものや肌がざらざらすることが多いのですが、放っておくと大きくなっていきます。

普通は肌と同じ色のものができますが、中には褐色や黒色をしているものができる場合もあります。

若い人だと、目もとなどの皮膚が薄い所にできる方が多いようです。

かゆみを伴う場合

かゆみを伴う場合で注意したいのが、癌である場合のイボです。

老人性イボは紫外線が主な原因なのですが、紫外線が当たらない部分に急にイボができた場合は消化器系の癌によるイボの可能性があります。

思い当たる点がある方は、なるべく早くに皮膚科や美容皮膚科で受診することをオススメします。

老人性イボを治療する方法

老人性イボを早く治すには、1番は病院での治療が挙げられます。

やはり的確に除去・治療してくれるので、安心ですし手間もかかりません。

ですが中には跡が残りやすいものや何度か通院しなければいけない治療方法があるので、主治医の先生からよく話を聞くことが大切です。

自宅でのケアは、まず紫外線を予防することが最も重要です。

紫外線は老人性イボの1番の原因なので、紫外線を浴び続けていると、病院で除去したとしてもまた新しくできてしまう可能性が高くなります。

帽子や日傘、日焼け止めなどをうまく活用して、紫外線を予防しましょう。

UVケア成分が配合されている化粧品なども多くあるので、そちらを使うこともオススメです。

次に大切なのが保湿です。

肌の乾燥はダメージを受けやすい状態にしてしまい、肌の免疫も低下させるので対策が必要です。

スキンケアを丁寧に行うことはもちろん、室内の湿度をあげることも大切です。

室内の湿度をあげる方法には、コップに1杯水を入れておく、濡れタオルを近くに干すなど簡単なものもたくさんあるので、ぜひ試してみてくださいね。

保湿は老人性イボ以外にも、肌にとってとても大切なので、心がけましょう。

自宅ケアには専用のスキンケア商品を

老人性イボのケアに向けて作られた専用の商品が多くあるので、それを使うと効果的です。

選ぶポイントは、

  • 肌に優しいもの(無添加処方)
  • 美白ケア成分配合のもの
  • 保湿力が高いもの

などが挙げられます。

老人性イボのケアをより効果的にすすめることができますよ。

老人性イボをケアして悩み解消!

いかがでしたか?

老人性イボができた場合はなるべく早いケアで綺麗な肌を取り戻すよう心がけましょう。

そしてかゆみのある場合は病院での受診を視野に入れてみてください。

放っておくと、症状は悪化するばかりで必ず後悔します。

老人性イボのない綺麗なお肌をキープしてくださいね。