老人性イボは通常は痛いと思うことはないのですが、取れかけているものや衣類に擦れる場所にできたものは痛い場合があります。

そのため老人性イボに悩んでいる女性も多いようです。

老人性イボが痛い時の処置や対策はどのようにすれば良いのか気になりますよね。

痛い老人性イボについて詳しくまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

老人性イボがある方は、いつ痛くなっても大丈夫なように備えておきましょう。

老人性イボの原因

老人性イボは加齢が原因です。

衣類の擦れや紫外線によるダメージが蓄積して老人性イボができてしまうのです。

衣類が擦れた所にウイルスが入り込んでしまうと、若い人でも老人性イボができる場合もあります。

形や症状は人によって様々なので、それに合った処置をすることが重要です。

老人性イボの処置方法は?

老人性イボが痛い場合、どんな処置をとれば少しでも痛みを軽減させることができるのでしょうか。

それにはこんなものが挙げられます。

病院へ行く

老人性イボは皮膚科または美容皮膚科で受信することができます。

その処置方法は、レーザー、液体窒素、医療用ハサミなどによる治療です。

液体窒素、医療用ハサミによる治療は、保険が適用可能ですが、レーザー治療は保険が適用できないので、他の2つに比べると少し高額となるようです。

その分レーザーは短時間で跡が残りにくいというメリットがあります。

詳しくは、病院で直接説明を受けると良いでしょう。

自宅でケアする

自宅でケアを行う場合は、これ以上皮膚を老化させないことが大切です。

そのためには、UVケアやスキンケアを念入りに行うことが大切です。

最近では、通常の塗る日焼け止め以外にも飲むタイプの日焼け止めがあります。

飲む日焼け止めは毎日飲み続けることで紫外線予防の効果を高めることができるので、普段塗る日焼け止めをあまり使わない方にはオススメです。

紫外線はイボの他にもシワやシミなど、様々な肌トラブルの原因となるのでしっかりと予防しましょう。

衣服にもこだわりを

服に擦れて痛い場合は、衣服にもこだわる必要があります。

ボアやフリースなど、ふわふわとしている素材はイボに擦れると負荷がかかって痛くなりやすいので、避けるのがオススメです。

肌に優しい天然素材やオーガニックコットンなどを使用した衣服を選ぶと良いでしょう。

肌への摩擦は肌の乾燥にもつながり、より老人性イボができやすくなってしまうので、衣服にもこだわりましょう。

老人性イボを解消して痛みのストレスを解消しよう

1度できるとなかなか治らない老人性イボですが、自分自身の生活やスキンケアを見直し改善していくことで、できにくい肌へと変えることが可能です。

老人性イボに悩む生活が一生続くかも…と考えると恐ろしいですよね。

しっかりと治していくためにも、しっかりとケアしていきましょう。

専用の老人性イボをケアする商品も数多くあるのでチェックしてみると良いかもしれません。