イボが出来てしまうとずーっと気になるもの。

早く治してしまいたいと病院に行ってみても、小さいものだったり良性のものだと治療の必要なしと判断されてしまうことも・・・。

そんな風にお悩みの方が試してみたいのが手軽に買える市販薬ですよね。

でも、イボの市販薬にはたくさんの種類があるんです。

イボの種類やできる部位によって有効なお薬が変わってきます。

イボによっては病院で治療ができない?

一般的に、老人性イボで私生活に支障が出ていない場合、保険診療でのイボ治療はできません。病気ではないので、当たり前ですよね。

ですので、医療技術を使ってイボを除去をしようと思ったら美容外科で自費治療をするしか方法がなくなるのですが、これはやはりお財布にも優しくないんですよね。

でも見た目的に気になるイボはいつまでも綺麗にいた女性にとっては気がかり。そんな方にお勧めしたいのが手軽に使うことができる市販薬です。

主な市販薬の紹介と使用可能部位

イボに効く薬の中には首や顔などに使用することが出来ないものもあります。使用する前に、どの部位のイボを治したいのか・どのようなイボなのかをしっかりと理解した上で市販薬を使用するようにしましょう。

市販薬として有名な薬をまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

イボコロリ(絆創膏タイプ、塗り薬タイプ)

角質を柔らかくすることでイボを除去します。即効性はありますが、顔や首への使用は禁止されています。顔・首以外にできた老人性イボに効果的です。傷跡が残る場合があります。

紫雲膏

古くから皮膚の病気の治療に使用されている漢方薬の塗り薬で抗炎症作用・抗菌作用・抗腫瘍効果があります。イボコロリに比べると効果は薄いですが、保湿効果があるのでイボの予防効果も期待できます。顔や首への使用も可能です。

イボコロリ(内服錠タイプ)

イボの塗り薬として有名なイボコロリシリーズの内服錠です。イボに有効と言われているヨクイニンを主成分としており、体中のイボへの効果が期待できます。イボだけでなく、皮膚の状態を整えてくれる効果もあります。

ヨクイニンエキス顆粒クラシエ

イボコロリと同じくヨクイニンを含んだ内服薬ですが、こちらは粉薬タイプ。錠剤の薬が苦手だという方におすすめです。また、錠剤タイプよりも胃に吸収されるスピードが速いので、効果を感じやすいという点もあります。

市販薬が効かない場合は病院へ

市販薬を正しく使用すれば、イボを消すことまでできなくても目立たなくすることも出来ます。

ですが、どれだけ市販薬を使用してもイボが消えなかったりどんどんと増えるような場合はウイルス性のイボであったり、悪性の腫瘍である可能性もあります。

生活に弊害のない老人性イボの場合は保険診療は受けられませんが、ウイルス性のイボや悪性腫瘍、大きすぎる老人性イボの場合は病院での治療を受けることができます。

イボの状態を見ながら市販薬も使いつつ上手にイボと付き合っていきたいですね。