足の裏を見てみると、なんだか硬いものができていることってありませんか?

これはイボだったり魚の目だったりするのですが一体何が出来てしまっているのか見分けがつきませんよね。

しかし、イボと魚の目は出来てしまう原因も治療法も異なります。間違った対処をしてしまうと更なる悪化につながることもあるので注意が必要です。

魚の目の特徴

魚の目は長い期間、皮膚の一点に摩擦や圧迫などの刺激がくわわることで皮膚表面の角質層が厚く硬くなり、出現します。

特徴としては、中心に硬い芯ができること。角質が皮膚の内側にむかって先の尖ったくさび状に食い込んでしまうことからこの芯が見られます。

症状が進行して、この芯が皮膚の奥にある真皮層まで達してしまうと神経を刺激するので、歩行のたびに強い痛みを感じるようになります。

一般的に小指や足指の上側(甲側)や足裏の指の付け根の間などにできやすいと言われています。

イボの特徴

イボには様々な種類が存在しますが、足の裏にできやすいといわれているのが「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」と呼ばれるイボです。

これは、ヒトパピローマウイルスというウイルスが傷口から侵入して感染するウイルス性のイボです。

尋常性疣贅の外見的特徴は表面が盛り上がり、茶色の粒上にボコボコします。痛みやかゆみを伴うこともありません。

また、子供の足の裏には魚の目とそっくりの痛みを伴うイボが出現する場合があります。これを「ミルメシア」と呼びます。子供の足の角質が魚の目が出来るほど硬化していることは少ないですから、魚の目のようなものを発見したらほぼミルメシアと考えればよいでしょう。

治療法の違い

魚の目とイボでは原因が全く違いますので、治療法が異なります。

まず、魚の目ですが角質の増殖と硬化が原因ですのでこの角質を取り除くことで改善します。薬品を使って角質を柔らかくしてから、削るのが手っ取り早いです。

病院で治療を行ったほうが確実にきれいに削ることができますが、自宅でのケアも可能です。魚の目に有効な角質を柔らかくする成分を含む医薬品がドラッグストアなどで購入できます。これらの医薬品角質を使用後にピンセットなどで柔らかくなった角質を取り除くことで魚の目を除去することができます。

次にイボの場合ですが尋常性疣贅の場合原因はウイルスです。これを魚の目と同じように削ったりしてしまうと、大きくなったり数が増えてしまう危険があります。

イボですが、ヒトパピローマウイルスに有効な飲み薬や塗り薬はありません。そのため、個人の自然治癒能力を高める方法が治療として採用されています。

一般的な治療法は、液体窒素療法です。液体窒素療法は-196度と大変低温です。これを綿棒につけて突起しているイボに当てることで炎症を促し、免疫を活性化させます。

痛みを伴いますが足の裏に出来ている場合皮膚が固いので多少マシなようです。

イボと魚の目は素人では見分けるのが非常に困難です。間違った自己判断をしてしまうと悪化を招くこともありますのでイボの可能性があると感じた場合は病院にて診察を受けると良いでしょう。