老人性イボに悩む女性は多く、その形や大きさは人によって様々です。

中には老人性イボが大きくなる人もいます。

大きくなる老人性イボを見ると、なんだか心配になってきますよね。

実は、老人性イボも治療や予防ができるのです。

今回はその方法について詳しくまとめました。

老人性イボが大きくなる原因

できた老人性イボを放っておくと、だんだんと大きくなることがあります。

これは、老人性イボにさらに紫外線があたることで起こると言われています。

紫外線によりメラニン色素が肌に蓄積していくことで、老人性イボが大きくなる原因となっているのです。

大きくなると、自分でケアすることは難しいので、皮膚科または美容皮膚科で受診することをオススメします。

小さい内なら、自分でケアしても治せる場合があるので、なるべく早くにケアを始めることが大切です。

病院での治療について

病院での治療には、レーザー治療や電気焼灼方法、液体窒素によるものなど様々です。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

レーザー治療

レーザー治療のメリットは、早くて跡が残りにくいという点です。

また、局部麻酔を行うので痛みもほとんどありません。

1回の治療で完治することがほとんどなので、通院しなくても良いという点も嬉しいですね。

ただし保険が適用外なので、他の方法と比べると少し値段が高くなります。

大きすぎたり、量が多すぎる場合はレーザー治療が行えない場合もあります。

電気焼灼方法

電気メスを使った方法で、ホクロの治療にも使われます。

肌に跡が残らない程度に、表皮を浅く削り取る方法です。

通常であれば2週間で元通りの肌になります。

繊細な技術が必要なので、信頼できる病院で受診することがオススメです。

液体窒素による方法

老人性イボの部分に液体窒素をあて、冷結させるという方法です。

かさぶたをつくり、1~2週間ほどでかさぶたがとれる時に老人性イボも一緒に剥がれ落ちます。

麻酔がいらないため、一般的に多く行われています。

ただし通院が必要な場合が多く、跡が残りやすい方法でもあるので、顔にはあまりオススメできません。

大きくなりすぎると…

老人性イボが大きすぎると、前述のような方法では除去できない場合があります。

その場合には、外科的手術での治療であれば治療することができます。

メスで浅く切り除去しますが、擦り傷のような傷が少しできるだけで、傷跡が残ることもほとんどありません。

広い範囲にできてしまっている場合は、皮膚の移植が行われることもあります。

老人性イボは大きくなる前にケアしよう

手術での治療となると、精神的にもあまり良いものではありませんよね。

老人性イボは大きくなる前にケアをすることが大切なのです。

また、老人性イボがまだできていないという方でも、予防をしっかりとしていきたいですね。

老人性イボは肌を汚く見せてしまうので、早くにケアをして綺麗なお肌をキープしてくださいね。

老人性イボができてしまった方も心配せず、治療に励めばまた綺麗な肌を取り戻すことができますよ。