イボは通常良性腫瘍のものが多いですが稀に悪性の腫瘍であることもあります。これがガンです。

それ以外にも注意が必要なイボがウイルス性のイボ。

ウイルス性イボの特徴や治療法、ほかのイボとの違いをまとめてみました。

ウイルス性イボの特徴

ウイルス性のイボはその名の通り、ウイルスに感染することによってできるイボのことです。原因になることが多いウイルスがHPV(ヒトパピローマウイルス)です。

通常、人間の皮膚は何層にも重なっており簡単にウイルスが侵入できないような構造になっているのですが、小さな傷などができることによってそこから皮膚内に入り込み細胞にウイルスが感染することによってイボが出現しますj。

ウイルス性イボは細胞に感染しますから、ほおっておくとどんどん増殖して大きくなっていきます。また、自分で削ったりすることでウイルスが飛散し他の部位に感染してしまうこともあるようですから注意が必要です。

足の裏や手指など比較的皮膚の厚い場所に感染しやすく、皮膚が硬くなり表面がボコボコとしてきます。痛みを伴うことはあまりないですが、広がり過ぎると痛みを感じることもあるようです。

治療方法

ウイルス性イボに関しては病院での治療が推奨されます。

間違った治療法を行うと、範囲が拡大したりより大きくなってしまうこともありますので専門医へ受診しましょう。

ウイルス性のイボの特効薬は存在しません。そのため、自己免疫でウイルスを退治するしかありません。

病院での治療には自己免疫を増強させる液体窒素療法が多く採用されています。

かかる期間は本人の免疫力によって左右されますので、かなり個人差が大きいです。時間がかかってもしっかりと治療を行うことが大切です。

ウイルス性じゃないイボ

イボにはヒトパピローマウイルスが原因のイボ以外にも様々な原因によって生じるイボがあります。

水イボ

こちらもウイルスが原因で発症するイボですが、原因となるウイルスが異なります。

主に子供に好発する良性のウイルス性腫瘍です。感染力はそこまで高くはないですが、直接感染以外にもタオルなど介する感染も見られます。

見た目はヒトパピローマウイルスが原因のイボと大きく異なり、小さく米粒程度の大きさで柔らかいのが特徴です。

脂漏性角化症(老人性疣贅)

老人性イボと呼ばれることも多い良性の皮膚腫瘍です。原因は加齢変化といわれていますが詳細は不明なようです。

表皮の細胞が増えることによって生じ、表面が凸凹したものから平坦なものまで見た目もさまざまです。盛り上がったシミのように見えることもあります。

手のひらや足底以外にもどこにでも発生します。

老人性角化腫(日光性角化症)

こちらも加齢によって生じるイボで老人性イボと呼ばれます。表面が黒く、ガサガサとしており放置しておくと大きくなることもあります。

紫外線の刺激で生成されたメラニンが集まり以上に厚くかたくなったもので、顔や手、背中などにみられることが多いです。

基本的に無症状ですが、たまに痒みを感じる方もいます。

徐々に大きくなり萎縮や角化などが見られるようになると皮膚がんの一種に移行することもあるので、そうなってきたら専門医に受診しましょう。

軟繊維腫

皮膚組織が盛り上がることにより生じる柔らかい良性腫瘍です。こちらも老人性イボに分類されます。

アクロコルドン・スキンタッグと呼ばれることもあります。付け根がくびれ、茎になった先に腫瘤が垂れ下がるような形になっているのが特徴です。

わきの下や股の付け根、首や陰部など皮膚が薄く柔らかい部位によく見られます。

ウイルス性ではないイボも種類が多いので、そのイボにあった治療をする事がオススメです。