老人性イボに効く市販薬ってあるんでしょうか?何度も通院して治してもらうのは面倒だし、できればドラッグストアなどで購入できる薬で自宅ケアしたいですよね。

老人性イボを市販薬で治せるのか、調べてみました!

老人性イボは市販の塗り薬で治せる?

老人性イボの塗り薬は、ドラッグストアでも購入することができます。塗り薬なら1,000円以下で購入できるものが多いので、手軽に治療を始めることができるのがメリットです。

塗り薬には主に殺菌作用や、角質を柔らかくしてイボが取れやすくするような効果があります。中には即効性のある薬もあるので、早く治したいときは即効性のあるものがオススメです!

ただし即効性があるものはキツめの薬なので、顔や首などの皮膚が弱い部分には使用できません。特に肌が弱い人は、顔以外でも注意して使った方がよさそうです。

塗り薬は効き目が強いほど顔には使えないものが多いので、購入前に説明をよく読んで確認しておきましょう!

じっくり治すなら飲み薬もオススメ!

老人性イボは塗り薬だけでなく、飲み薬で治すこともできます。飲み薬には錠剤や顆粒状のものがありますが、「ヨクイニン」という成分がメインになっているものがほとんどです。

ヨクイニンはハトムギの種から採れる成分で、昔からイボや肌荒れのケアに使われてきた生薬です。ヨクイニンを使った薬は肌荒れにも効くものが多いので、老人性イボ以外の肌トラブルも気になる人にオススメです。

また塗り薬とは違って、飲むだけで全身の老人性イボに効果があります。数が多くてひとつひとつに薬を塗るのが面倒なときも、飲み薬が便利ですよ!

飲み薬のデメリットは、治るまでに少し時間がかかってしまうことです。塗り薬のような即効性がある薬はありませんが、じっくり時間をかけてもいいと言う人にオススメです!

老人性イボは薬以外でも治せる?

老人性イボには市販の塗り薬や飲み薬がありますが、老人性イボケアができる植物オイルや化粧品もあります!

オススメなのは「杏仁オイル(アプリコットカーネルオイル)」という、あんずの種から採れたオイルです。ターンオーバーを促進する効果があるので、角質が固まってできたイボに効果的です。

杏仁オイルの他にも、オリーブオイルやドクダミエキスなどが老人性イボに効くと言われています。オイルは薬ではないので、保湿ケアとしても使うことができるのが便利ですよ!

また、これらのオイルやヨクイニンを配合した、イボ取りの化粧品もあります。老人性イボのケアの他に保湿や美容効果がプラスされているものが多いので、スキンケアの一部として使用できるのがポイントです!

老人性イボの治療に最適なのは?

  • 塗り薬 → 価格が安い、即効性があるものも!
  • 飲み薬 → 肌荒れに効くものもあり、数が多い人に!
  • オイルや化粧品 → 毎日のスキンケアにプラスでお手軽に!

老人性イボケアは市販薬でもオイルや化粧品でも、それぞれに特徴があります。価格や効果などもさまざまなので、どれが自分に合っているか考えて選んでみましょう!