30代を過ぎると悩む女性が増えるのが老人性イボです。

老人性イボは名前の通り、加齢によってできるイボです。

皮膚が老化することで起きるものですが、どうして30代をすぎると老人性イボに悩む女性が増えるのでしょうか。

プツプツと老人性イボが多くできると、見た目も良いものではありませんしとても気になりますよね。

今回はそんな老人性イボの対策をまとめてご紹介します。

老人性イボが30代の女性に多い理由

老人性イボの1番の原因は紫外線だと言われています。

若い頃に紫外線を多く浴びていた方に老人性イボができる可能性が高いのです。

紫外線を浴び続けると、メラニンが蓄積していくことで肌が老化します。

肌の老化が早いと30代で老人性イボができてしまいます。

60代では8割の女性、80代ではほとんどの女性に老人性イボはできるので、30代でできていない方も注意が必要です。

老人性イボのケア方法

老人性イボのケアはどのようにすれば良いのか、知らない方がほとんどではないでしょうか。

しっかりとケアをすることで老人性イボを予防・治療できますよ。

紫外線予防

老人性イボの1番の原因となる紫外線を徹底的にカットすることがとても大切です。

帽子や日傘を活用する、日焼け止めをこまめに塗るなどして極力紫外線を直接浴びないように気を付けましょう。

最近では日焼け止めにも、化粧した後でも使えるスプレータイプのものや飲む日焼け止めなど様々な種類があります。

化粧品にもUVケア成分配合のものが多く出ているので、うまく活用していきましょう。

スキンケアの見直し

スキンケアを適当にしていると、逆に肌にダメージを与えてしまっている可能性があります。

スキンケアでも、メラニンをおさえてくれる美白ケアの商品がオススメです。

年齢を重ねると共に肌は乾燥しやすくなるので、こまめに保湿してあげることが大切です。

1度にたくさんの量をつける方が多いのですが、適量を2~3回丁寧につけることで、しっかりと保湿することができますよ。

また、化粧水は手のひらで軽く温めてからつけると、浸透率がアップするので試してみてくださいね。

老人性イボは生活習慣にも関係あり?

老人性イボは生活習慣にも関係しています。

生活習慣が乱れていると、肌も荒れてしまいがちになるからです。

睡眠不足は肌の新陳代謝を促すためのホルモン分泌をできなくしてしまったり、ストレスは全身の血行を悪くすることで肌への栄養を届きにくくしてしまいます。

タバコやお酒の飲み過ぎを控えるなども効果的です。

これらは老人性イボ以外にも健康面でも大切なことなので改善していきたいですね。

老人性イボをなくして若々しく!

老人性イボがないだけで、肌は若返って見えます。

自分の肌にできると、余計に気になってしまいますよね。

大きくなってしまうと、ケアも難しく痛みが出る場合もあるので、早めのケアが大切です。

老人性イボが30代でできてしまった場合は、なるべく早くにケアして若々しいお肌を保ちましょう。